後輩・塚本の質問に、先輩・東原が答える

後輩・塚本が悩んでいること

学習塾の採点がお仕事ということで、難しかったらどうしよう……と不安はありましたが、採点のための解答はありますし、なにより通ってくるのは小学生ばかりなので、まあ大丈夫でしょうって思っていたんです。しかし最近になって、その小学生に直接勉強を教える、講師の仕事も入ってくるようになったんです。週に1コマだけではあるものの、想像以上に質問の頻度が多いので、その度ごとにパニックを起こしながらこなしている状況なんです。やはり私は講師には向いていないんですよね……。それで、今後もこの講師の仕事をしなければならないというのなら、転職しようかなと考えているのですが……。

先輩・東原の回答。

まず確認したいんだけど、この仕事は好き?それとも、もう嫌いになっちゃった?もしそれが苦痛でとても耐えられないというのであれば、それは転職するしか方法はないと思う。けれど、もし仕事自体をまだ好きで、子ども達のこともまだ好きなんだとしたら、それは、転職の必要はないんじゃないかな?教え方のテクニックについては、私や他の先生をぜひ頼って欲しい。ちゃんとサポートしてあげるから!

編集者雑感

後輩のために先輩がひと肌脱ぐ感じ、すごく素敵だなと感じました。少なくともこの方の場合は、子どもに教えた経験が少ないことによる不安からきている悩みなので、適切なサポートがあれば、転職の必要はないかもしれませんね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク