後輩・柿沼の質問に、先輩・榎本が答える

後輩・柿沼が悩んでいること

写真撮影が好きで、趣味で写真を撮っていましたが、いつしかカメラマンになりたいと思うようになり、そしてこの世界に飛び込みました。助手レベルではあるものの、日々撮影に携わることができ、楽しく充実していると感じています。ただ、実は最近、雑誌社で働く友人から、転職してこないかと誘われています。もちろん、雑誌社でのお仕事も撮影に関わるものではあるのですが、今の状況とは全く異なり、雑用含め、何でもするというスタンスでなければいけません。小さな会社なので専任で何かに取り組むことは難しく、写真だけに携わっているわけにはいかないとのことです。そういった活動を、楽しそうだなと感じる自分もいますし、でもカメラの仕事しかしてこなかった私にそこまでのことができるのか?という不安もあります。先輩なら、こういった場合の転職をどう考えますか?

先輩・榎本の回答。

純粋に仕事の内容を比べて悩んでいるのかな?それとも、それを頼んできたのが友人だからこそ悩んでいるのかな?そこに、転職をするべきか思いとどまるべきかの大きなヒントが隠されていると思うよ。私としては、今の仕事内容と比べてストレスを感じるか否かで判断したほうがいいんじゃないかな。

編集者雑感

友人が転職に絡むといかに難しくなるかが分かりましたね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク