後輩・津山の質問に、先輩・黒沢が答える

後輩・津山が悩んでいること

入社以来、楽器のリペアがきちんとできるようになるまで、黒沢先輩をはじめとして多くの先輩方にご指導頂き、本当に感謝しております。しかしながら最近、「自分には楽器の知識が無さ過ぎるのではないだろうか」とコンプレックスを感じるようになりました。サックスやギターなどの演奏には関わってきましたので、とりあえずの知識は持っているのですが、リペアマンという仕事をするには、内部構造などといった専門知識がまだまだ足りないと感じるのです。このままの状態で仕事していったら「知識が無いばかりに、満足いく仕事ができないのではないか」「取り返しのつかない失敗をしてしまうのではないか」などと思ってしまうのです。そのようなことから、リペアマンとしてしっかりレベルアップできるように、いわば修行としての転職を考えているのですが……。

先輩・黒沢の回答。

津山はすごく真剣にリペアのことを考えているんだね。その真摯な思いはすごく良く分かるし、言いたいことも充分に理解できることだと思った。今回津山が考えている転職とは、リペアの仕事を今後もずっと続けていく上で大切なことだと思うし、意味のある選択なのだから、反対はしない!しっかりと知識と技術と自信をつけて、また戻ってきてほしい!

編集者雑感

とても真剣で難しい内容でした。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク