後輩・志村の質問に、先輩・島田が答える

後輩・志村が悩んでいること

私はこれまで、塾講師という現在の職業を天職だと思ってきました(だからこそ、学生時代のバイトから、そのまま正社員になったわけなんですが)。しかし今になって「実は向いていないんじゃないか」ということばかりを考えるようになりました。これまでは自信を持って堂々と教壇に立てていたんですが、最近になって急に、生徒と向き合うたびに半端なく緊張するようになってしまったんです。何といいますか、「こんな伝え方で良かっただろうか」「間違ったことを口走っていないだろうか」などといちいち不安になって、自信が持てないんです。このお仕事は成果を残してこそのものだと思いますので、「講師の私がこんな状態ではいけない」「自信が無いならもう諦めて転職すべきではないのか」などと考えてしまいますが、先輩はどのようにお考えですか。

先輩・島田の回答。

志村の悩みって、真面目ゆえのことだと思うよ。だから、大丈夫。ここを乗りきってしまえば、かならず素晴らしい講師になれると私は思うな。緊張や不安感って、実はダメなことではなくて、それがあるからこそ、よりよい授業をしようとも考えるし、必要なことなんだよね。もちろん度が過ぎてしまうと逆効果だから、それは先輩である私たちがしっかりとサポートするし、頑張ろう!

編集者雑感

力強い先輩の言葉がステキでしたね!

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク