後輩・本田の質問に、先輩・谷口が答える

後輩・本田が悩んでいること

昔から子どもが好きで、このお仕事に決めました。「大学や高校受験の担当になんてなったらどうしよう」と考えていましたが、希望していた小学生クラスということで、大丈夫かなという軽い気持ちでスタートしました。ただ、思いもよらないところで質問してきたり、中には興味をなくしておしゃべりや居眠りをしたりと、想像以上にトラブルが多くて……小学生に勉強を教えるって、こんなにも難しいものなのかと、日々実感しています。おかげで授業の度にパニクって頭が真っ白になってしまうので、最近、転職を本気で考えはじめているんです……。

先輩・谷口の回答。

確認するけれど、このお仕事は好きなんだよね?子ども達のことも。もし、両方ともそうなんだとしたら、辞める必要はないよ。もちろん、教えることが難しいというのは、それは本当。その通りだと思う。ただ当然、難しいからこそそれは仕事になっているわけで、もしこれが誰でも簡単にできるなら、誰でも家で教えちゃうよね。悩んでいる暇があるんなら、その時間を、自分の勉強の時間にあてようよ。必ず、上手くこなしていく方法があるから。もちろん、教え方については、他の先生も私も、教えてあげられるから何でも聞いて。

編集者雑感

先輩の嬉しいお言葉が貰えましたね!

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク