後輩・近藤の質問に、先輩・黒岩が答える

後輩・近藤が悩んでいること

入社後は、いろいろな先輩方にご指導頂き、ここまで成長できました。しかし、やはり私にはどうしても土台となる部分の楽器や演奏の知識が無さ過ぎるなと感じていて、これが限界なのかなって思ってしまっているんです。数多くの楽器を扱うこの店で、楽器リペアマンとしてきちんとお仕事をこなしていくためには、もっと多くの楽器に触れ、壊れた状態の音色も知った上で、取り組んでいくべきことなのかなと思うんです。例えば楽器販売のお店で勤務するとか、何らかの他の方法を尽くすべきなのかなと、感じてしまっています。

先輩・黒岩の回答。

すごく真剣にリペアの仕事のことを考えているんだね。話しの内容から、その思いが良く伝わってきたよ。確かに、言う通りだよね。壊れている時の音、壊れていない時の音、その両方が楽器を直す過程で重要な情報になって、より効率良く確実に直すことができる。それは実際、誰もが感じていることなんだよね。で、それを知らない自分自身について、このままでは自信を持って作業することができないと感じるのであれば、近藤の言うとおり、転職して経験を積むというのも一つの手なんじゃないかな。私はそう思うよ。

編集者雑感

今の仕事を真剣に考えたからこその転職。そういった手段にも使えるんですね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク