後輩・岡林の質問に、先輩・高伊田が答える

後輩・岡林が悩んでいること

いま自分は、調理師としての腕をだんだん認めて頂き、任せて頂ける作業も増えてきていて、とてもありがたい状況だと思っているのですが、自分は将来、創作料理の店を持ちたいので、そのためにも幅を広げておきたいという考えから、他の料理の分野へ修行にいきたいな……と考えるようになっています。もちろん、いますぐにどこかへという具体的な話しではないのですが、今おかれている状況でこのような希望を出すことは、おこがましいのでしょうか。とても悩んでいます。

先輩・高伊田の回答。

岡林の悩みは、別段悪いことではないと思うよ。むしろ、良い職人になるために、大事な一歩なんじゃないかな。料理の腕だって、私から見てもう一人前といえるほどのレベルになっていると思うし、だから、胸を張って、いろいろな先輩方にも相談した方がいいと思う。私だけじゃなくてね。そうすることで、ツテが出来て、良い修行の話しも舞い込むんじゃないのかなって思うんだけど。

編集者雑感

修行の意思が加わった転職の願いでしたね。これは素晴らしい方向性の転職であるとの、先輩の意見でしたね。まだ一人だけとはいえ賛同も頂けたことですし、もちろんもっといろいろな人の意見を聞いた上ではありますが、これを機に修行の準備をスタートしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク