後輩・藤木の質問に、先輩・中小路が答える

後輩・藤木が悩んでいること

電気工事の仕事をさせてもらって10年。そろそろ独立を考えようかと思っています。でも、「まだまだ半人前だ」と師匠に言われてしまうんじゃないかと、正直怖くてなかなか言い出せません。私には手に職をつけて独立したいという希望がありまして、そういった理由もあり、電気工事という仕事を選んだという経緯があります。そして、一通りのことは一人で出来るようになったという自負もあり、また家庭のほうもいま落ち着いているという状況なので、今こそ動くべき時かなと思っている次第なんです。中小路先輩からみて、私はどんな感じですか?まだまだ時期尚早ですか?それとも師匠にそろそろ直談判してみてもいいでしょうか。

先輩・中小路の回答。

なるほどね~。藤木もいろいろ考えているんだな。確かに、周りの状況を考えると、いまが一番動ける時なのかもしれないよな。転職って、自分の気持ちも大事だけど、その変化に周りがついてきてくれるかどうかも求められるから、見極めって必要だと思う。藤木にとって「今だ」と思うのであれば、動いていいと思う。実際電気工事の免許を取得しているわけだから、技術がどうこう言うレベルでないことは明らかだし、自信を持って独立していいレベルに達していると思うよ。

編集者雑感

転職は、周りの状況の見極めも必須。なるほどですね。これは大切な言葉だと感じました。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク