後輩・逸見の質問に、先輩・山路が答える

後輩・逸見が悩んでいること

今のこの売り場での仕事は、自分が一番希望していたことでとても楽しい仕事なんですが、実は最近、事務の方に移ってもらうという話しが出ていまして……。上司からは、「これは出世だよ」と言われたものの、自分がしたいのは売り場の仕事なんで、出世とは思えないんですね。出世なんてしなくていいから、ずっと売り場にいたい。商品と触れあっていたい。良さをお客さまに伝えていきたい。そう思っています。自分でそういう話を蹴ってしまうことって、してもいいものなんでしょうか?

先輩・山路の回答。

なるほど、ただ私からすれば正直もったいないなという気はするね。もちろん逸見の気持ちも分からないではないんだけど。それにそのオファーを断るというのは、本来であれば、あまりすすめられることではないと思うんだ。極論を言うと、会社の意向に真っ向から反発していることになってしまうから。とはいえ、逸見のおもちゃに対する知識は非常に幅広く、売り場で必要な知識だということも確かなんで、そこを上手くアピールすることができれば、もしかしたら違う判断や決定が下ることもあるんじゃないかな?特に何かしら手助けをすることはできないけど、応援してるよ。

編集者雑感

今回の場合に限っては、転職を勧めた方がいいのかもしれませんね。会社の方針と自分の希望が異なるのであれば、それは仕方のないことですから。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク