後輩・行木の質問に、先輩・広津が答える

後輩・行木が悩んでいること

いましている印刷の仕事なんですが、いつも上司から怒られてばかりなんです。「品質なんて気にするな、もっとスピード上げろ、ぼやぼやするな」といった具合です。私としては、作業スピードも最大限になるよういろいろ工夫していますし、品質だって、必要最低限なつもりなんです。しかし結果として、就業時間にノルマをこなせていないことも確かです。私はこのお仕事に向いていないんでしょうか……。

先輩・広津の回答。

ちょっとキツイ言い方をするとね、今のままではダメなんだよね。いましてもらっているお仕事は、数が重視されているの。品質は二の次で、数を作って納期に間に合わせることが、最重要課題。つまり、行木ができなかった分に関しては、他の社員がバックアップしているということなんだよね。当然効率が悪いわけだから、上司も怒っているというわけだ。行木がノルマをこなせたら、バックアップ社員は不要だし、その時間に他のことができるからね。……多分だけど、行木の思うスピードや品質と、会社の考えるそれらとは大きな隔たりがあるんじゃないかな。正直、その溝が埋まらない限りは、転職を考えた方が行木のためかもしれない。うちの会社の作業のメインは「数作ってナンボ」だからね。

問題解決のポイント

会社の方針と自分の考えの隔たりがあまりに大きい場合は、転職を決めたほうが得策だと考えます。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク