後輩・前原の質問に、先輩・徳江が答える

後輩・前原が悩んでいること

実は今、あまりの人間関係の難しさに辛い日々を過ごしています。ものすごい夢を抱いて入行したのに、今は「こんなはずじゃなかった」とばかり考えてしまいます。入行してみて気付いたのですが、銀行内部と一般社会では、あまりに「常識」がかけ離れているんですよね。銀行に適応してしまうと、一般社会では浮いてしまうのではないか。そんな気さえします。とはいえ、一般社会の感覚をずっと持ち続けていると、銀行内部では生きていけない。そんな環境だとも感じます。このまま普通の心を忘れずにいたいのであれば、やはり辞めるべきなのでしょうか……。

先輩・徳江の回答。

そうだね。確かに銀行の仕事は特殊だと言えるかもしれない。そして、そこに馴染めないと感じるのであれば、これからもずっと馴染めないまま過ごすことになるのだと思う。さすがに行内の体制が今さら変わるわけはないからね。つまり、いまの状況を辛いと感じるのであれば、早いうちに結論は出した方がいいと思う。早めに次のステップに進んだ方が、確実に幸せだと思うから。銀行員しながらいくつかの資格を取得したと思うけど、それを武器に転職先を探してみたらいいんじゃないかな。

問題解決のポイント

これはなんとも答えが出しにくいですよね。ただ、一度転職を決めたのであれば、なるたけ早く行動すべきだと考えます。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク