後輩・塚口の質問に、先輩・中谷が答える

後輩・塚口が悩んでいること

子どもが好きで、このお仕事に決めました。採点は回答をみながらだし、小学生レベルの問題なら解けるし、何の問題もないと考えていました。ただその一方で、結構「教える」という機会が多くて、困っています。「問題が解ける」ということと「教えられる」かどうかは、全くの別物だと知ったんですね。分かりやすく、子ども達が納得するような解決策を提示できるとは限らないわけで……。「先生、分かんない。」と言われた時は、もうどうしようかって頭が真っ白になってパニックです……。やはり、こんな私は向いていないんでしょうか?転職を本気で考えはじめています……。

先輩・中谷の回答。

塚口にまず確認したいのは、この仕事自体は好きなんだよね?子ども達のことも、好きなんだよね?それなら、辞める必要はないと思う。だいたいこのご時世、転職先を探すのだって大変でしょう?それなら、せっかく今している仕事を、どうやって上手くこなしていくかを考えることの方が、絶対的に大変じゃないと思うんだ。子ども達への教え方だけど、パターンで考えるとそんなに多くもないので、覚えちゃった方が早いかもしれない。それは、私とか、他の先生方が教えてあげられるよ。お仕事の後、少し時間をとって勉強してみる?それに、お仕事中、他の先生が教えている所を見て覚えちゃうってのもひとつの手かな。

問題解決のポイント

先輩のしていることを覚えちゃうことと転職、どっちを選ぶか……ですね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク