後輩・柿元の質問に、先輩・村井が答える

後輩・柿元が悩んでいること

私は写真を撮影することが大好きで、この世界に飛び込みました。まだ助手レベルではありますが、撮影に携わることができて、とても楽しく、充実した日々を過ごしています。もちろん、このお仕事を長く続けていきたいとは思っているのですが、実は、雑誌編集をしている友人から、「来てくれないか」と誘われています。もちろん、撮影に関わるお仕事もあるのですが、基本的には「何でもする」というスタンスらしく、写真以外のお仕事もどんどん任されるようです。取材や、記事の執筆、営業活動まで本当に幅広いんです。楽しそうだなと感じる反面、カメラしか触ってこなかった私に、そんなにいろいろなことができるのか、という不安もあって……。先輩なら、どうしますか?

先輩・村井の回答。

柿元の悩みは、友人に頼まれたからこそなのかな?それとも、友人関係なく、全く別のルートでこの仕事を見つけたとしても、やりたいと思ったんだろうか?そこを考えてみたら、自ずと答えが出るんじゃないかなって思うよ。私なら、結構記事を書くとか、取材をするとか、そういうことにも興味がある方だから、やってみたいと思う。でも、そこにもしストレスを感じるようであれば、それは向いていないんだと思うんだよね。

問題解決のポイント

友人が転職に絡むと難しいですね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク