後輩・増岡の質問に、先輩・高岡が答える

後輩・増岡が悩んでいること

いま、調理師として結構いろいろな担当を任されていて、とてもありがたいと思っています。でも最近、他の分野の料理も学びたく、あちこちへ修行にいきたいと考えるようになりました。いますぐ……という訳でもないのですが、長く考えを保留するべきでもないのかな……と考えています。学びたい料理としては、まずは和食、そしてパンやスイーツなど。将来、自分のお店を持ちたいと考えていて、いまのイタリアンに、和の要素を取り入れたい、と思っています。もちろん、お店を出すとなると、デザートも必須となりますので、スイーツやパンもと考えているのです。いろいろな料理を任せて頂けているとはいえ、まだイタリアンも一人前だと胸を張れるような状況にない中で、このような考えを持つことはおこがましいのでしょうか。悩んでいます。

先輩・高岡の回答。

増岡の悩みは、良い職人になるための大事な一歩だと思うよ。決して間違ってはいない。むしろ、そういう考えを持っていることは素晴らしいことだし、私だけでなく、皆に相談したらいいと思う。きっと、ツテで和食もパンもスイーツも、いいお店を紹介してもらえると思うから。もし可能であれば、他のお店に転職するのではなく、お店の一員として籍は残したままで修行に出る……ということもできるかもしれない。店長に相談してみるといいよ。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク