後輩・織部の質問に、先輩・里中が答える

後輩・織部が悩んでいること

記者の仕事は、私にとってすごい憧れの職業で、記者になれた時にはものすごい喜びでしたし、今でもとても好きな仕事に変わりはないのですが、実は最近、残業の多さに参ってしまっています……。友人の多くは、定時、もしくは1~2時間の残業で帰っていて、自分の時間を謳歌している様子が伺えます。ああいうのを見ると、羨ましくもあって……。別に今の仕事がイヤな訳ではないんです。ただ、いつか落ち着く時がくるのか、いつかプライベートを満喫できるような時間が出来るのか、そこにYESがもらえたなら、もっとがんばれるような気がするんです。でももし、今のまま一生変わらないのだとしたら……転職もやむを得ないのかな、と思ってしまいます。

先輩・里中の回答。

織部の悩みは、良く分かるな。私自身がそうだった。時間が無くて、眠る時間を削ってまで仕事して何になるんだろう……って悩んでばっかり。でも今となれば、自分の時間を持つことができるようになって、責任ある立場を任されたりもして、あの時は踏ん張ってよかったかな~って思えてるよ。私の経験上、プライベートが持てないのは最初の10年くらい。それを長いと感じるか、短いと思えるか。その考え方次第で、転職するかしないか、判断したらいいと思うよ。

問題解決のポイント

10年の修行期間を長いと思うのかどうか、それが転職を左右するお仕事もあるんですね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク