後輩・西塔の質問に、先輩・砂川が答える

後輩・西塔が悩んでいること

学生時代にシスアドの資格を取得して、いまその資格を活かせる仕事に配属されて、一見すると順風満帆のように見えるのかもしれないのですが、実際は「このままでいいのかな……」と悩んでいるんです。好きで取った資格ですし、その資格を活かせる仕事にはつけたものの、実際には向いていないのかも……なんて思ってしまって。わがままだとは重々承知しています。それに、やり続けることで好きになることもあるのだとは思います。しかし反面、これからの長い人生を、興味の持てないことに費やして生きていくのか……と考えると、それはそれでもったいないと言いますか、辛いことだな、と思ってしまうんですよね。

先輩・砂川の回答。

あと1年続けてみて、それでも解決策がない、ダメだ……と感じるようであれば、転職を考えてみてもいいんじゃないのかなって思うよ。人生は一度きりだからね。好きでもない仕事を一生続けるのなんて、難しいことだと思うから。ただ、仕事にはスパンというものもあって、一周してみるまでは正直なところは分からないとも思うんだ。だからね、まずは一周するまで、頑張ってみたほうが良いんじゃないのかな。

問題解決のポイント

見切りをつけることは悪いことではない。新しい出発も、時には良いものだと思う。ただし、それには「時期」を見極めることが大事だということですね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク