後輩・塩塚の質問に、先輩・吉川が答える

後輩・塩塚が悩んでいること

吉川先輩、私、営業職に向いていないと思うんです。もともと、事務の仕事を希望して入社したのですが、なぜか営業に配属されてしまったんです。入社して1年間、営業という仕事を経験してみて、少しは慣れるのかな~と思ってきましたが、全然そんな気配はなく、ずっと不安感と隣り合わせで仕事をしている状況です。事務に配属された同僚が羨ましくて、見ているとどうしようもない気持ちになってしまって、そう思っても仕方の無いことなのに、同僚を妬んでしまう心まで生まれてしまって……。

先輩・吉川の回答。

塩塚の悩みは、良くわかったよ。転属願い、出してみるといいかもしれない。また、営業のままでもう少しがんばってみたいと思うのであれば、私がサポートについてもいいかなと思ってるから、気負わずに声をかけて欲しいと思ってる。営業って、全然うまくいかないときは思いっきりヘコんでしまう仕事なんだけど、逆に一度軌道に乗るとすごく楽しいお仕事でもあるんだよね。本音を言えば塩塚に、できればそんな経験をさせてあげたいとは思ってるんだ。その上で、営業を続けるのか、転属願を出すのか、それとも転職をしてしまうのか、選んでもらえたらいいのかなって。

問題解決のポイント

転職は最終決定として置いておき、その前にできることをひとつずつ潰していくことって大事なんですね。

カテゴリー: 先輩社員と後輩の対談   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク